女性用フェザータッチ性感|ベルガモット

フェザータッチの流れ

フェザータッチは、アダム徳永氏のアダムタッチを基本にしています。5本の指先でうぶ毛に触れる位のタッチ圧で、じれったいくらいゆっくりと楕円を描くような動きでタッチしていきます。

(1)頭~耳~首筋
女性は、最も楽な姿勢で仰向けに寝ていただいたところからスタートします。初めて女性にとっては、フェザータッチ初体験になります。頭から顔、首、耳は敏感な場所ですので、ていねいに慎重に進めていきます。

最初は髪の毛をなでるようにそっとタッチしていきます。髪の毛をなでるだけですが、タッチされた感覚は頭で感じることが出来ると思います。続いて、こめかみから頬、あごへのタッチに移ります。ゆっくりとあごのラインを3~4回往復します。
その後、代表的な性感帯のひとつ、耳へのタッチに移ります。最初は耳たぶの外側をなぞるように2~3回転タッチします。続いて、耳穴の方向にタッチの範囲を狭めていきます。

(2)首すじ~デコルテ
耳へのタッチの後には、うなじ、首すじへのフェザータッチに移ります。髪の毛の生えぎわのうなじは、やさしくタッチするとゾクゾクする部分です。耳の後ろから鎖骨に至る首すじも気持ちいいラインです。うなじと首すじのラインを、うぶ毛に触れるくらいのソフトなタッチをしていきます。
次に鎖骨に移ります。鎖骨の上側の凹んだ部分、鎖骨の上、鎖骨の下側を丹念にタッチします。鎖骨も気持ちイイ部分です。さらにデコルテは、乳房の裾野のラインに沿ってタッチします。意識が乳首へのタッチの期待に向くかもしれませんが、まだまだ焦らして乳首にはタッチしません。
鎖骨周りやデコルテは、すぐ先に乳首があるので、なかなかタッチしてもらえない部分です。でも、フェザータッチされると、とっても気持ちよい部分です。

(3)肩~手
デコルテに続いて、肩のラインへのタッチに移ります。うなじから肩の頂点までのラインも気持ちイイです。肩の一番上のライン、少し背中側のライン、肩から肘のにかけてのラインも、うぶ毛にさわるくらいのタッチでいったり来たりします。ゾクゾクする部分で鳥肌が立つ女性も多いです。このあたりまで来ると、初めての女性も、フェザータッチがどんなタッチか分かってきますので、肩の力も抜け、リラックスして身をまかせてくれるようになります。
タッチが肘まで来ると、次は肘から手のラインに移ります。外側、内側とていねいにタッチします。
「手」も気持ちイイ部分でです。手は、タッチされるのにあまり抵抗感が無く、日常いつも使っているので、感覚が研ぎ澄まされているので、リラックスして心地よいのではないかと思います。脱力していると手は少し丸まってタッチしにくいので、軽く開いてもらいます。手の外側のラインを親指のつけ根から親指の頂点、人差し指の間を通って、人差し指へと、小指の外側まで触れていきます。指の手のひら側も気持ちイイです。手のひらは円を描くようにタッチを進めます。「手、気持ちいいんだぁ」と新たな発見をされる女性も多いです。

当サイトは成人向けの内容が含まれる為、18未満の方はご退場ください。
女性向け風俗リンク集
女性用風俗/性感マッサージの安心情報「女性向け風俗情報館」
QR Code
Return Top